宮入バルブ製作所

高品質、安全、LPガス容器用バルブのパイオニア。



沿革

  • 昭和24(1949)年 4月
    東京都大田区大森において、株式会社宮入製作所を創立。
  • 昭和33(1958)年 5月
    販売部門を分離独立させて宮入バルブ販売株式会社を設立する。
  • 昭和34(1959)年 7月
    山梨県甲府市郊外に186,332㎡の敷地を得て、山梨県誘致工場第1号として甲府工場建設に着手。
  • 昭和35(1960)年 6月
    甲府工場竣工を契機に、株式会社宮入製作所を解消し、従来の商標を表示して株式会社エムエスバルブ製作所(資本金2,000万円)を設立。
  • 昭和38(1963)年 9月
    東京証券取引所市場第2部に上場。
  • 昭和39(1964)年 5月
    事業の拡大発展のため宮入バルブ販売株式会社を吸収合併して、商号を株式会社宮入バルブ製作所と改める。
  • 昭和46(1971)年 6月
    通商産業大臣認定工場となる。
  • 昭和46(1971)年 7月
    日本LPガスプラント協会の認定業務移管にともない高圧ガス保安協会認定の検査会社となる。
  • 平成 8(1996)年 8月
    品質システムの強化を図るために、国際規格ISO9001の認証を取得。
  • 平成22(2010)年 7月
    環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001の認証を取得。

PageTop


Copyright 2012 MIYAIRI VALVE MFG.CO., Ltd. All rights reserved.